スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉本、大崎社長の発言について

 本当はもっと長文を書きたいのだけど…。

大崎さん、早まっちゃいましたね…。

内心そう思ってるってのはわかるんですけど、それは言うべきじゃなかったですよね…。


まぁ、本人が引退って言ったのだから、まさか戻ってくるとは思わないですけどね。

っていうか、マスコミもほっときゃいいのにね。

スポンサーサイト

年末年始色々お笑い番組見てるけど

 すべらない話とかガキとかドリームマッチとか、うーん、なんか微妙やなー。

ガキなんかは去年(一昨年)は爆笑したのに、今回はなかったなぁ。

マンネリ化といったらそれまでだけど、作る側の立場にたつと、これ程難しいものはないよね…。


そういや、高須ちゃんが結婚してたのを年末のガキで初めて知りましたねー。松ちゃんに触発された感が凄いですねw

M-1評

 録画で見るほうがCM飛ばせるからね。結果を知らずに視聴。

1stステージ
・カナリア
75:漫才とはいえない。そして受けてないネタを延々続けるのはね。

・ジャルジャル
87:ジャルジャルっぽいね。斬新さはあったけど、終わりに向けての盛り上がりがあればね。

・スリムクラブ
90:アホかwww。斬新さありすぎるねぇ。もう1本見てみたいとは思ったね。

・銀シャリ
82:前者3組よりは正攻法ではあるか。お笑いは好きなんだろうけど、押しが弱いね。

・ナイツ
84:相変わらず駄洒落押しですね。まぁ、これくらいならあげられるかな。

・笑い飯
92:さすがやね。っていうかアホすぎる。そして気持ち悪いwww

・ハライチ
84:ワンパターンでやるのはやっぱりね。ぬか味噌はチョイスとして失敗かな。

・ピース
85:難しいね。よくも悪くもない感じ。お汁粉を推すのはよくわからなかったね。

・パンクブーブー
89:去年と同じレベルにはあるね。ただ2回見たいネタではないかな。


 さて、番組と一緒の勝ち抜けになりましたね。一応、これは録画を見ながらリアルタイムで
書いているってのもあるんで、自分の上位3組が勝ち抜けたのはよかったです。
 しかし、中田カウスのスリムクラブに対する点数の低さには怒りすら覚えましたよ。

Finalステージ
・スリムクラブ
これは会場の雰囲気のおかげなのかなぁw。舞台で受けるかは別として、この状況での
彼らは実に素晴らしいネタを見せてくれたと思います。

・笑い飯
これをもし予選でやったら、落ちてもおかしくなかったね。昨年のように決勝でサプライズを
用意してるのかと思ったのに、それもなし。彼らはホント、ネタ(笑いのツボ)の当たり外れが多いね。

・パンクブーブー
1stステージで、2回見たいネタではないと言ったけど、2回見させられてしまった。ただそれだけ。

 優勝は文句なしでスリムクラブですねwww
ただ、彼らがこれからもあんな感じでネタを見せることはできない気もしますね。

 っと思ったら、笑い飯優勝ですか。なんだか今大会よかったというより、これまでのことを総合して
って結果がして嫌ですね。M-1にとっても笑い飯にとってもなんだか残念な結果。

M-1の敗者復活戦について

 なんで屋外なの?

あのね、お笑いってね、やっぱり体感が寒いと、気持ちも寒くなるから、室内でやるべきなんですよね。

そのへんがやっぱり駄目だなぁ。


 さて、とりあえず、今日はM-1ですね。

何様お笑い評論家として、今回も採点をやるつもりです。

松本人志のコント

 うーん、松本人志らしさがなかったような気がしますね。

もちろん、突っ込みどころがあって面白いんですが、なんていうか、映像や言い方の突っ込みどころを散りばめるのはいいのですが、その繋がりがないんですよね。

ごっつのコントは松本人志は勿論のこと、他の出演者がいましたから、彼らを絡めてストーリー性とともに、一人ひとりのキャラクターが設定されていました。

一方、一人ごっつでは松本人志の正に真のコントを展開していました。

そのふたつと比べると、今回のコントは完全に別物。

松本人志の人を笑わすテクニックを共演者ではなく、映像に託しました。そこに松本人志らしさが感じられませんでしたね。これは彼の映画にもいえることですが。やはり彼は、他人に強烈なキャラクター色をつける能力に長けていて、それを自分で演じる(作る)ことはできないのかもしれません。

 また、私は今回のコントは万人受けしない、いわゆる一人ごっつのシュールかつ、ストーリー性のある(それこそどこかに悲しさのある)ものをやるのかと思っていましたが、そうでもなかったのが残念。


 逆に、ごっつ的でも、一人ごっつ的でもないコントを選んだのかもしれませんが、なんだかなぁ。彼の映画には、「わざとか」と忖度させるよなつくりの荒さを見せられ、またそれに彼の凄さを見ましたが、今回のコントはそういったものすら感じませんでしたね。


 一本目のポータブルのやつはごっつのインストラクター的な感じですが、発想に当時の奇抜さがない。

UFOのやつは、良いんだけれども(個人的には宇宙人の癖に家族の絵の顔が肌色なのがよかった(ただ、見せ付けるように何度も見せたのは減点。さらっと見せるべきであった))、松本人志らしさ(ボケor突っ込みによる笑い)がなかった。

最後の卒業式のやつは、個人的には好きだが、松本人志とは思えない中途半端な天丼が気になった。

あと、「わたしは幽霊を見た」は完全な駄作。最後の「普通に」というのはやってしまった感が半端なかった。題材としても完全に失敗。よくこれを本人がOK出したなと。シュールでもなんでもなかった。

ひとことのやつに関しても、写真でひとこと当時のレベルから大幅にダウンしている印象。


 今回のコント、個人的には松本人志のコント作りのレベルの低下を感じざるを得なかったですね。彼の笑いが古いというのではなく、彼らしさがなくなったというのが適当でしょう。

いずれにせよ、トークに関してはまだまだお笑い界ではトップです。そのトークばかりでコントから遠ざかっていたことが、今回の中途半端なコントを生んでしまったと思いますね。

恐らく、彼としても今回のコントで、自分のコントレベルの低下を感じたのではと思います。彼のことですから、これを機にDVDや映画でごっつ時代のようなレベルのコントを再び作ってやろうと思ったんじゃないですかね。

少なくともZASSA-の頃くらいまでは戻って欲しいなぁ。


プロフィール

いな

Author:いな
・1988年4月2日0時30分ごろ誕生
・それなりにO型
・無類のダウンタウン(松本人志)
 バルサ好き
・嫌なものは嫌と言うのがモットー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。