スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上位1割には入る!

 16日のプライムニュース、凄く身近で面白かったです。
ただ、あの女性の方、わかってはいるんだろうけど、まるでゆとり世代全員がアホな人間であるかのような誤解を招く言い方が多かったですね。


で、私の実感としては、私の世代は確かに、「楽な道を選ぶ」傾向が強いのは否めないですね。競争したがらないのも事実。

で、その原因は個人的にはモノが豊か過ぎるのが根本かと思います。

それと、やはり男性が仰っていたように「インターネット」がかなり寄与してるのかなとも思います。

今の若い人は、なんでも検索して調べますしね。そういう点で、「俺は上司よりも知識・知恵があるぜ」という変な自信をもつことも理解できます。

2ちゃんねるなんかを見れば、「誰よりも上手いことを言う」、「誰よりも大人な対応をする」人の書き込みが一番格好いいというか、”上の立場、頭がいい”って感じがしますよね。

みんなやっぱりそういうのに憧れてるんでしょう。だから、「できるだけデキる人間に見えるように」って考え、嫌な仕事をヘイヘイ聞くのではなく拒否したり、言い訳口を叩くんでしょう。実際に受ける印象は逆ですけどね。


で、私はどうかというと、その点は、ゆとり世代の中でも上位1割に入るくらい、常識をわきまえているほうだと思います。

というのも、私は、やはり社会人になって最低5年は「我慢の時期」だと理解しているからです。社会人としての経験を5年(本当に最低であれば3年でもいいかな)も積まずに、自己主張するのは私は間違いだと思います。

やはり、元気に振舞う、上司の言うことを聞く、わからないことは何でも聞く、嫌な仕事も引き受ける、自分で仕事を探す。

この経験を積むことこそ、社会人として最初の土台をつくるためのやるべきことだと思います。

で、私は基本的には他の人に比べて、「人を嫌う」ことをしないので、その点でも「あの上司腹立つし、言うこと聞きたくない」とはならないと現時点では思います。(実際どうなるかは予想がつきませんけどね)


 話は変わって。

私はね、無い内定を社会の責任にするというのは完全なる責任転嫁でそれは自己責任の問題だろと思いますが、ゆとり世代に関しては完全に社会(ネット社会、政治など)に原因があると思うんです。

人格を形成するのは成長過程での周りの環境です。生まれもって、あんな発想をもつアホはいないでしょ。

だからね、私の世代みんながみんなそんな人間じゃないというのをちゃんと理解してほしいんです。というか、昔でも今のゆとり世代ともいえる人間はいくらでもいたはずです。

むしろ、昔ならそういう異端児は「コイツできる」と思われたこともあるはずです。

「みんなが上司の言うことを必ず聞く」という集団の中にいる異端児ってドラマやアニメなんかでも凄く格好良かったですからね。

厳しい教育を受けてきた世代はその架空の社会と現実社会をしっかりと区別し、自分がどういう器の人間かしっかり理解している。

しかし、その区別と理解ができていないのに理想が一人歩きしてしまう。そして強すぎる自己主張を招く。

そんな気がしますね。

あれ、なんか支離滅裂だw。まぁいいや。


 あ、あと、教育を駄目にしているのは、入試と塾、政府、そしてなんといっても親ですからね!これについてはまた後日にでも。

テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いな

Author:いな
・1988年4月2日0時30分ごろ誕生
・それなりにO型
・無類のダウンタウン(松本人志)
 バルサ好き
・嫌なものは嫌と言うのがモットー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。