スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守備はOK、あとは攻撃・・・・・・はぁ?

 今大会の日本代表の守備がよかったのは否定できない。なにせオランダ戦でのスナイダーのゴラッソしか決められていないからね(トマソンのはゴールとはいえないw)。


 さて、「今大会で守備は目処がついた、次は攻撃の強化だ!」なんて思っているそこのキミ!そんな甘いもんじゃないんだよぉ。

恐らく、次の監督は今大会での課題となった"攻撃"に重点を置く方が就任するでしょう。それはひょっとしたらビエルサかもしれません。そして、オリベイラかも、ベンゲルかも、ピクシーかもしれません。

その人選についてはまだわかりませんが、果たして彼らが就任したとして、今の守備力に、攻撃力も加わって最強のチームが完成するでしょうか?

守備と攻撃は連動しています。特に日本のような絶対的なエースがいない国では、アルヘンのような攻守をはっきり分けたチームは作れません。

得点を奪うにはリスクを犯すことが必要です。そしてそのためには守備を省みない必要性があります。


 だからね、私は今大会で16強に入ったが故に、今のこの戦術が成功したものとなるのが怖いのです。こんな戦術は失敗すべきではなかったのでしょうか。少なくとも攻撃的なフットボールを嗜好する私には今の代表の戦い方は、メンタリティは好きですが、とても評価できません。


 前の記事で日本は身の丈にあった戦い方をすべきとし、カウンター攻撃を中心にすべきだと私は主張しました。

日本が最終的にとるべき戦術はそれだと今でも信じていますが、その一方で、その下地としてオシムの志向するような攻撃的な戦術が日本に浸透しなければならないとも思います。

まだまだ日本は力不足です。そのために攻撃的なフットボールでどんどん失敗すべきです。私は日本のサッカーが長期的に完成するにはまだまだ経験を積む必要があると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いな

Author:いな
・1988年4月2日0時30分ごろ誕生
・それなりにO型
・無類のダウンタウン(松本人志)
 バルサ好き
・嫌なものは嫌と言うのがモットー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。