スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏のほうが首相に相応しい件

 菅現首相は一体、何を考えているのか。小沢氏への誹謗中傷、抽象的表現の数々。とても首相の器ではない。

「小沢氏は金と数を重視する古い政治家」という菅氏の発言は極めて不適切である。

以前指摘したとおり、「古い政治家」の定義がまったくハッキリしていない、いや、できるわけがない。彼は小沢氏のどこを見て、金と数の原理が色濃いと言っているのだろうか。というか、首相がそんなイメージだけで相手を誹謗中傷することはあってはならないはずである。

確かに、小沢氏は数を重視するが、それは民主主義においては当たり前のことであり、最も合理的である。数を重視しないとすれば、何を重視するのか。数を重視することこそが国民の意見を重視することであり、ベクトルがまったく同じ方向に向いているのは明白である。


批判するのであれば、その政治手法、政策、信条でなければならないはずである。しかし、菅氏は小沢氏をイメージだけで批判している。これはマスコミの偏向報道に流されている"アホの国民"とある意味同じ目線で喋っているのであるが、そんなアホが首相になっていいのか。

「小沢氏には説明責任がある」?十分に説明しているではないか。検察が1年以上も強制捜査を含めた捜査を行い、その結果が不起訴である。それ以上何を言えというのか。

小沢氏側の説明が不十分なのであれば、それこそマスコミがそこを明らかにすべきではないか。しょうもない話に半ば違法の取材を行なう癖に、小沢氏の政治資金の件について意図的に触れようと、切り込もうとしないのはなぜか。それは、小沢氏に何ら違法性がないからではないだろうか。マスコミがなぜ小沢氏に批判的なのか、私は裏側をまったく知る由も無いが、明らかに情報操作、国民誘導が行なわれているのは明らかである。


 今日の9時からのNHKのニュースで小沢氏が色々と語っていたが、中でも彼の言う円高対策や地方分権のあり方は極めて私の考えに一致しているといえる。こういった点について、菅氏はまったくのど素人であり、付け焼刃的なお話しかできないのが事実である。

官僚をぶっ壊すという意気込み、経済への姿勢、責任感、あらゆる能力で小沢氏が菅氏を上回っているのが現実である。

彼の身体が少し心配ではあるが、今の菅氏が首相を続けるくらいなら、一度小沢氏に首相をやってもらいたい。もし、彼が首相になれなければ、今後しばらくは官僚利権の温床は放置されることになるであろう。是非とも小沢氏に官僚を破壊し、地方分権を推し進めていただきたい。

ただ、小沢氏は優れた政治家だと思うが、その周りの人間(輿石、山岡、松木、三宅など)はちょっと頭がおかしいというと言い過ぎだけれども、異質な人間って感じがするねwww

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いな

Author:いな
・1988年4月2日0時30分ごろ誕生
・それなりにO型
・無類のダウンタウン(松本人志)
 バルサ好き
・嫌なものは嫌と言うのがモットー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。