スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党党員はなぜ菅直人を支持したのか

 なんだこの菅内閣の体たらくっぷりは…。

私はこのブログで何度か民主党代表選挙について、菅氏ではなく小沢氏を支持すべきだと主張してきたが、現状を見ればその選択がいかに正しかったかが伺える。

菅氏を支持する理由として最も多かったと思われるのが、「コロコロ総理大臣を替えるのはよくない」、「小沢氏はカネに汚い」であった。

私は代表選当時から、その理由がいかに稚拙なものか、そしていかにそれが国を動かすことにまったく関係のないものか気づいていたが、民主党の党員はバカなのかなんなのかわからないが、"クリーンかつ現職である"菅氏を選択した。

菅氏の内閣の顔ぶれを見て、まず岡崎トミ子という売国奴が入っている時点で菅内閣は終了である。そして、最近では柳田氏が思いのたけを本音で喋ってしまい辞任間近である。

また、中国漁船やメドベージェフ大統領の訪問などの対応を見る限り、菅内閣は本当に終わっているとしか言いようがない。

ビデオを公開するかどうか、柳田氏を罷免するかどうか、仙石氏の失言がどうとか、そんな議論はどうでもいいはずである。もっと日本の国益にかなう議論をすべきではないのか?それは民主党の掲げる無駄削減や経済対策、そして菅氏の主張する雇用対策ではないのか?

そんな重要な議論すらまともに進めることのできない菅内閣を選んだのは多くの民主党員であり、彼らは反省しなければならないはずである。国の停滞、後退を招いたのである。


 ここにきて、菅内閣の支持率は3割を切った。この支持率は今後さらに低下するであろう。つまり、解散総選挙か内閣改造が近づいているということである。前者の場合、恐らく、政権は再び交代するであろう。そして、またもや総理大臣の交代である。

「コロコロ総理大臣を替えるべきではない」という超短期的視野しかもたない選択が、短期中期的には極めて不適当な選択になる。それを実践して見せてくれた菅内閣に日本国民はひとつのことを学んだはずである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いな

Author:いな
・1988年4月2日0時30分ごろ誕生
・それなりにO型
・無類のダウンタウン(松本人志)
 バルサ好き
・嫌なものは嫌と言うのがモットー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。