スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年サッカーについて

 龍が如く3をやってるので、ブログを全然更新してませんねw

さて、昨日、KBS京都で少年サッカーの大会、サンガカップを見ていたのですが、ひとつ気づいたことが。

それは、「ゴールがデカイ!!」

小学生に大人の使うゴールはデカすぎでしょう。

私も、小学校のときにクラブチームでGKをやっていましたが、小学生の体格であの大きさのゴールを守るってのはめちゃくちゃ酷です。

おそらく、決勝以外では、小学生用のゴールを使用していたのでしょうが、なぜ決勝はあんなデカイゴールを使用するんでしょう?

ピッチが広いから?というか、そもそも、小学生にあんなフィールドの大きさでやらすのはどうなのかなぁ?


小さな体から見るピッチとゴールの大きさは、大人の体から見るそれとはまったく違うんですよね。

あんな小さな体だったら適当に打てばゴールに入りますよ。それも、上を狙えば。

あんなのじゃ、パスをつないで、ドリブルをして、っていう本来身に着けるべき、必要とすべき能力が養われないし、発揮できないではないですか。

ゴールを決めるためにはもっとシビアなコースを狙わなければならない。そういう癖というか習慣をつけておかないから、大人になったときに、ゴールが小さく感じられるのではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いな

Author:いな
・1988年4月2日0時30分ごろ誕生
・それなりにO型
・無類のダウンタウン(松本人志)
 バルサ好き
・嫌なものは嫌と言うのがモットー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。